【ノイズや音割れ防止】ゲーム実況はYouTubeLive配信にオススメなマイクアクセサリを購入してみたので開封レビュー【声のこもり】

ゲーム

高音質の音声で通話・録画・配信したい

ノイズや声のこもり具合に不満が。。。

ディスコードを使ったゲーム通話やZoomやSkypeによるテレワーク、OBS経由でのYouTubeでのゲーム実況配信やライブ配信にて、自分の音声の品質が悪いと思うことが多々あると思います。

マイク付きヘッドセットも便利なのですが、雑音やノイズ、声がこもったりと不満を感じてしまい、コンデンサーマイクを購入してみました!

FIFINE USBマイク コンデンサーマイク

今回購入したのは、FIFINE USBマイク コンデンサーマイクです。

また、デスク上のスペースを圧迫したくないので標準のマイクスタンドではなく、デスクアーム型のマイクホルダーも合わせて購入してみました。

ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの違い

マイクには大きく分けてダイナミックマイクとコンデンサーマイクの2種類あります。

ダイナミックマイクは、マイク自体には電源が必要なくカラオケや学校などでよく見かけるタイプのものです。

使いやすいのですが、若干音質が悪いのが欠点です。

一方でコンデンサーマイクは、電源供給が必要ですが広い範囲の音を拾う事が出来るので音質が良くなります。

ただ、感度が高いゆえにノイズや生活音などの雑音まで拾いやすいので、ノイズ防止のポップブロッカーなどを合わせて使用するのが良いです。

PCやゲーム用のマイクとして使うのであれば電源供給は出来ると思うので、コンデンサーマイクをオススメします。

開封の儀

FIFINE USBマイク コンデンサーマイク

外装箱

コンデンサーマイクはこちらのパッケージです。

裏は真っ白。

かなりシンプルなパッケージとなっています。

早速中身を見ていきましょう!

パカッ。

内容物

中身はこんな感じです。

内容

  • コンデンサーマイク本体
  • 

  • 取扱説明書
  • サポート案内

取扱説明書は日本語でかなり丁寧に描かれているので、使い方については困ることはないと思われます!

サポート案内はしおりのような面白いデザインになっています♪

本体周りのパーツはこんな感じです。

マイクスタンドは見た目の割にかなり重量があり、裏面もゴム製になっているのでズレたりする心配は無さそうです!

スタンドポールは3つのパーツを取り外す事ができるため、ある程度長さを調整する事が出来ます。

そしてこちらがコンデンサーマイク本体です!

ボリュームはマイクについているつまみで簡単に調整出来るのも使い勝手良いので助かりますね♪

組み立てるとこんな感じ。

角度もこちらのつまみで調整出来ます。

USBコードは専用のものとなっています。

マイクの背面に端子があるのでそこに繋げるだけで自動でドライバのインストールが始まり、青いLEDが点灯したら簡単に使い始める事が出来ます!

Earamble 卓上マイクホルダー 伸縮デスクアーム

外装箱

パッケージはこんな感じ。

ではでは、中身を見ていきましょう!

パカッ。

内容物

中身は以下の通り。

内容

  • デスクアーム本体
  • 固定具
  • ダイナミックマイク用ホルダー

取り付け方もとても簡単で、デスクに固定具を挟み込み、

アームを差し込んで、

コンデンサーマイクをネジ部分に取り付けるだけで完成です♪

また、固定具部分のネジ具を締める事でアームがブレる事を防ぐ事が可能です。

Earamble ノイズ防止ポップブロッカー

外装箱

パッケージはこんな感じです。

こちらも早速中身を見ていきましょう!

パカッ。

内容物

中身はポップブロッカーのみとなっています。

使い方もとても簡単で、デスクアームに挟み込むだけで固定する事が可能です!

アームがフレキシブルなので使いやすいです♪

本日のオススメ商品

終わりに

以上のように、録音環境がとても充実しました。

ノイズや音質が気になっている方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか♪